結婚式の前に花嫁の着物姿を前撮りしておこう

結婚式で着物を着るなら、本格的に着るべき

主人の会社の上司が、結婚なさると言うので、夫婦で式に出席してきました。場所は、某老舗ホテルというので、ゲストの側の衣装にも気合が入ります。ホテルの結婚式は、呼ばれた側も非常に楽なので、私も今回は着物で出席しようかと、散々悩みましたが、その後の二次会などの都合もあり、ドレスで行く事にしました。
当日、ホテルに到着すると、予想よりはるかに大勢の人が、着物で出席されていました。それでも、良く見ると、本当の意味で、粋に着物を着こなしていた人は、どれくらいいたでしょうか?お年を召した方は、それなりに年季が入って、着こなしておられましたが、若い人は、まるで着物に着られてしまっているかのようで、見ていてあまり美しいものではありませんでした。着物と帯のバランスであったり、ヘアースタイルであったり、あまりにも洋を取り入れ過ぎていて、ちぐはぐな感じさえしました。特に、金髪に染めた髪色での着物は、まったく合わず、下品な印象しか残しません。いくら着物が素敵でも、ヘアースタイルとのバランスが悪くて、美しくありません。せっかく着物を着るのならば、へアースタイルも和風でまとめて、トータルバランスを考えて欲しいと思いました。
ゲストの中に、非常に粋に着物を着こなしておられる方がいました。結婚式の、華やかな場所にふさわしく、薄いピンクのお着物で、帯も上品なゴールドのものを締めておられました。ほど良くアップにしたへーアスタイルも、お着物と見事に合っていて、好感が持てました。結婚式場でも、かなり目立っていたと思います。私も、もし着物を着るなら、あんなふうにきちんとトータルコーディネートされた着物を着たいなと思いました。