結婚式の前に花嫁の着物姿を前撮りしておこう

結婚や冠婚葬祭・行事って、皆 ちゃんと知らないと思う★

結婚式の着物の着付師は母親がしました。

自分の結婚式を開く事になって、嫁の着物を決める事になりました。それによって自分の母親が専門の着物の着付師なので頼む事になりました。それによっていろんな生地を出して手で作ってくれる事になりました。何度も作成した事があるので任せてくれと言っていました。実際に作ってもらってとても鮮やかで綺麗でした。それを着て花嫁衣装とすることを喜んでいました。自分も着ている物を見てとても嬉しかったのを覚えています。やはり、キレイであるのがいいと思います。あまり鮮やか過ぎても良くないのでちょうどいい青を使った物が多かったです。それによって大人の女性を強調していました。自分もそれが出来ているので頼んで良かったと思いました。何度も着付けをしているので大変だなと思いました。着方にもいろいろあるのでそれの方法を全部やっていました。
やはり、式をしている時に疲れないようにするためであるそうです。何時間も着物を着る嫁としては大変なのだとその時に気づきました。そして式が始まってからずっと気分が悪くならないかと状態を伺っていました。なんとか無事終了し、喜んでいました。式が終わってから母親に感謝しました。その方法をとって良かったです。他の人に頼むよりも真剣に作業をしてくれたので今度は自分の子供の時も親に頼みたいと思いました。日本の伝統である衣装をこれからも守り続けていき、その素晴らしさに酔いしれさせる存在でありたいと言っていました。

話題の結婚は、情報量が多いこのサイトがイチオシです。。