結婚式の前に花嫁の着物姿を前撮りしておこう

結婚式にはやっぱり着物が着たい

個人的に、結婚式を挙げるほうも、参列するほうも、できたら着物を着たいですね。参列するほうは、わかい人なら、まだ振袖とか着れると思うんですが、ちょっと年を重ねてきたら、小紋とか、中ぶりとかいろんなものがありますよね。ドレスも華やかですが、やっぱり、日本人は、一番着物を着てる姿っていうのが素敵で、一番はなやかではないかなって思います。結婚式のときのウエディングドレスも、綺麗だし華やかですが、やっぱり、色内掛けにはかなわないなって思います。その華やかさの質が違うんだと思うんですが、着物がどれだけ貴重で、作る作業とか工程とかが大変っていうのが解っているからこそ、この内掛けを見たときに、わあーってなうのかもしれないですね。
ドレスだって、作るのは大変ですが、やっぱり、洋物ってイメージがあるので、そんなにも手仕事でって言うのではないので、大変でもその辺が伝わってこないのかもしれないですね。本当は手仕事もあて、たいへんなドレスもたくさんあるんだと思います。でも、それを見たときの感想っていうのは、まったく違いますよね。私も両方きたんですが、着物は、親孝行っていうかおばあちゃん孝行って感じできたところがありますね。おばあちゃんが着物姿をみたいかなって思って、レンタル料金も高かったんですが、内掛けを着ました。年配の人には、やっぱり、内掛けは好評なんですよね。ドレスはわかい人に好評でした。両方きて、みんなに祝福されるのが一番ですね。

話題の結婚は、情報量が多いこのサイトがイチオシです。。